中国は旅行先としては見所が

見所一杯の中国としては

中国というのは、見所が一杯ある国です。ですから、十分に楽しむことができますので、是非とも旅行にいってみることです。ちなみにそんなにお金がかからない、というところもよいです。但し、昔よりも為替相場が高くなっています。つまりは、人民元の価値が上がっている、と言うことです。ですから、実は昔よりはお大尽旅行がしにくくなっていることも確かです。それでも日本よりは遥かに物価が安いですから、その点はそれなりに期待することができます。肝心の観光名所なのですが、はっきりいって色々とあります。まず、北京の紫禁城なんかはお勧めできます。皇帝の住まいですから、一度見てみる価値はあります。

万里の長城や黄河がお勧め

極めて有名なのが、万里の長城という雄大な防壁です。その後、黄河を見るとよいです。もちろん、一例ではあります。これは比較的東のほうの話です。西のほうにも色々と見たほうがよいところは多いです。ですが、さすがに数日で回ることができるレベルの距離ではないですから、一回の旅行で多くのところを見ることは不可能ですから、出来るだけ絞り込むとよいです。移動時間が長いと非常に疲れることになります。ですから、出来るだけ近場のところを数箇所回る感じにしたほうがよいです。気に入ったら、何度かに分けて旅行をするとよいです。

春になったら佐賀のタビマスターズを探して旅に出よう。